鄭商磁器芸術品

 

 

 鄭州大学鄭商磁器工程技術研究センターの主任閻夫立教授は民族のために力を作り、祖国のために栄光を勝ち取る気持ちをを抱き、環境保全理念を提唱し、科学技術で芸術を解釈し、鄭州商代の今から3500年前から出土した商靑磁エキスを受け続いた基礎の上に、「鄭州」、「商代」「磁器の国粋」の初文字から命名し、革新的に科技文化芸術を融合して一体化の中国の環境保全の新磁器種類「鄭商磁器」を発明した。この芸術磁器作品は1320℃ぐらいで高温焼成され、形が美しく、釉色が綺麗、しわも美しい特徴を有し、磁器シームレス燃やし、高温立体釉、ミクロの境地再現と緑、軽く、環境保全の窯炉設計改造方面に革新成果を得て、「陶磁器焼成歴史上の偉大な革命」と呼ばれるほどことを現実にした。鳳凰衛星テレビの中国語放送局局長王記言さんは閻夫立教授が「小窯で世界級の作品を焼き出た」と口を絶賛した。鄭商磁器作品は長い歴史を持つ民族文化遺産であってかつ鮮やかな時代特徴を持ち、国際と国内の金賞を何度も獲得し、党と国家の指導者、政府の要人はこれを国礼として、国を出て、国内外の多くの博物館に収蔵されている。鄭商磁器作品はホットのコレクションとなっていて、河南鄭州の綺麗な文化名刺や有名な文化ブランドとして注目されている。

 

 

著作権は鄭州市観光局に属します