康百万荘園

 

 康百万荘園は十七·十八世紀華北黄土高原封建堡塁式建築の代表です。立地は「天人合一、師法自然」の伝統文化に決め、山に寄り添い窖洞を作り、町沿いには屋敷を建て、川沿いには港を築き、険しい所に壁を築き、各自システムになり、機能万全、配置厳格、階層差が厳しい農·官·商が一体化となった大型荘園に築き上げ、敷地面積は64300平方メートル。2001年国務院に全国重点保護文物単位に挙げられ、2005年、国家AAAA景勝地の名誉をもらい、中国第一荘園としてほめられました。

 

著作権は鄭州市観光局に属します